無印のコットンについて思う事


一年くらい前だったかRDAデビュー時に買ったのはDesireの「YURI RDA」でした。

それまでは、Kangertechの「TOPTANKmini」を使っていましたが、リキッドの漏れが酷かったので、意を決して楽天で購入しました。

右も左もわからずただ、評判がよかったので買ったドリッパーでしたが、今思うとこの選択は間違ってなかったと思います。

デッキ内部が比較的広くビルドが容易だった事、ジュースウェルが深く多めにリキッドを入れても安心して使えました。

そしてこれに合わせて用意したのが、無印良品のカットコットンです。

近所のSEIYUに入っているショップに駆け込み、店内をぐるぐる回って探しました。


今年に入ってから「Kendo Cotton Gold」を使い始めましたが、コットン臭が気になりはじめてしまい、リキッドの香りを楽しめなくなっている自分に気づきました。

無印のコットンもまだ、半分以上残っているので久しぶりにビルドしてみると、すっきりとした香りが楽しめるのに驚きました。

さすが、日本企業と言うべきでしょうか。価格の安さもありますが、丁寧な仕事ぶり?に関心します。

自分のVAPE人生で初心に帰るいいきっかけになりました。

まだまだ、他に試したいものもあるのでそのうち「Cotton Bacon」や他のコットンも試して行きたいなと思っています。


↓よかったらクリック


kei-VAPE

電子タバコ(VAPE/ベイプ)についていろいろと。 軽く読める感じをモットーに書いてます。 たばこは20歳を超えてから、ルールやマナーを守ってたのしもう。

0コメント

  • 1000 / 1000