kangertech TOGOmini2.0(ボックス型)

ずーーっと欲しかったVAPEを買いました!

店頭で見てからその大きさとデザインに惚れてしまいつつも買うタイミングが合わず半年くらいたってようやく決断して購入しました。

同じ頭文字「K」から始まるところとかも、、、、ね(笑)

本体の大きさは手の中にすっぽりと収まるほど小さく、質感は少しざらついた表面をしているので滑って落とすことがなさそうなデザイン。

本体カラーは、ブラック、オレンジ、レッドの3色。

自分はオレンジにしようかと悩みましたが、発色のいいレッドを選びました。赤と黒の組み合わせもGOODです!!


小さいことは正義?

TOGOminiの魅力といえばやはり本体の大きさではないでしょうか。

人気の高いEleaf istick pikoの本体とほとんど同じ大きさで2mlのリキッド容量と1600mAhのバッテリーを搭載。

自分の運用なら2日くらいは補充も充電もなく使えますし、iQuosの弱点となる冬場の寒さでも安心のバッテリー容量なのでどこでもVAPEを楽しめそうです。

対抗馬は互換機のiBuddyくらいでしょうか。


トップエアフローで液漏れも安心

ニコチン入りリキッド愛用者としては液漏れが怖いんです。

かばんや胸ポケットに入れて持ち運ぶことが多いので、知らぬ間に漏れていると・・・想像しただけで寒気がしてしまいます。

エアフロー調節は無段階で調整が可能ですが、一番絞った時の重さにはびっくりします。

針の穴1個分しか空いてないんです。めちゃくちゃ重くて、初めて吸ったときはむせました。タバコ(MTL)にはかなり向いてると思います。


◯エアフロー最小(針の穴)



気になる味は・・・・

個人的な感想としてはeGO aioよりは味が出ている感じがします、、、たぶん。

fog1と比べるとあきらかに劣る感じですね。小型・軽量タイプではしょうがないと割り切っているのでこの部分は諦めていた分、少し感動できたところでしょうか。


スペック

サイズ:H76.5×W44×D22.5mm

重量:140g

リキッド容量:2.0ml

バッテリー容量:1600mAh(内臓)


付属品

本体

コイル(電圧):CLOCC 1.0Ω(NiCr)MAX15W 1個

交換用パイレックスガラス

ドリップチップ

説明書

充電用マイクロUSBケーブル別売

予備のネジ

Oリング




まとめ

◎kangertechらしい奇抜なデザイン

◎手のひらサイズのコンパクトな大きさ

◎持っている人が少なそうな感じ??


↓楽天市場で見る


↓よかったらクリック


kei-VAPE

電子タバコ(VAPE/ベイプ)についていろいろと。 軽く読める感じをモットーに書いてます。 たばこは20歳を超えてから、ルールやマナーを守ってたのしもう。

0コメント

  • 1000 / 1000